保護者の皆様並びに地域の皆様には,日頃より本校の教育活動に対しまして温かいご支援ご協力をいただいておりますことに心より感謝申し上げます。
 令和4年度は,82名の新入生を迎え,全校児童475名でスタート致しました。これから「夢を持ち 自分のよさを発揮できる 心身ともにたくましい児童の育成」という学校教育目標に則って,児童一人一人が心身ともにしっかりと成長できるよう,私たち教職員一丸となって教育活動に邁進する所存でございます。


 その具体的な手立てとして,本校の掲げる重点努力事項の中から主なものを紹介いたします。
 まず1つめは,「行きたくなる学校づくり」推進事業に取り組みます。不動堂中学校と連携を図りながら,児童が「学校が楽しい」「明日も学校に行きたい」と思えるようにしていきます。
 そのための1つの方策として,昨年度から行っている「リーダー・イン・ミー(LIM)」の更なる充実を図ります。これによって自尊感情を高め,互いを認め合う学級・学校づくりを実現します。この取組の足跡を「LIMポートフォリオ」として累積し,児童自身が自分の成長を確かめられるようにするとともに,年度末には保護者の皆様にもご覧いただく機会を設定いたします。お子様の頑張った様子を感じていただき,たくさん褒めていただければと思います。
 また,異学年での交流(スクール・ペア)を行います。6年生児童と1年生児童が一人ずつのペアを作り,様々な活動に取り組みます。これによって,6年生には思いやりの心を,1年生には6年生を見習って頑張ろうとする気持ちを育てていきます。その他の学年についても,異学年との交流の機会を持ちたいと思っています。今後段階的に進めて参ります。
 それから学力育成にも力を入れてまいります。児童が「勉強が分かる」「勉強が楽しい」という気持ちを持つことが,「行きたくなる学校づくり」につながるからです。
 具体的には,中・高学年の一部教科担任制(理科<4~6年>・書写<4年>・外国語<5・6年>・外国語活動<3・4年>)や少人数指導(算数<4~6年>)による指導法の工夫を行います。これによって,専科教員がより質の高い授業を行ったり,少ない人数に対して指導をすることで一人一人により目が行き届くようにしたりします。
 また,1人1台のタブレット端末を有効に活用し,指導の充実を図ります。さらに,AIドリルを導入し,その児童に合った個別最適な問題を効率よく提示して学力の向上を図ります。
 それから,新型コロナウイルスへの対応は,まだまだ予断を許しません。感染予防対策を徹底するとともに,ICTを取り入れた体育の学習の充実や3分間走・縄跳び運動などを行いながら体力向上及び健康増進に努め,心身ともにたくましい子供の育成にも取り組んでまいります。


 これらの取組は,学校の力だけでは到底実現できるものではありません。保護者の皆様,そして地域の皆様のご協力をいただくことによって,本校の目指す児童像へと児童一人一人を近づけていけるものと考えております。今後とも,家庭及び地域そして学校が共に手を携えて,児童の健やかな成長のため,引き続きご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和4年4月   美里町立不動堂小学校長  横橋 純夫